意識を変えれば思い通りの自分になれる

「自分はこういう人である。」

そう思い込むだけで、そういう人になれます。

人間はそういうものです。

昔からよくそう言われてきましたが、今ではRAS(網様体賦活系)など脳の解明や物理学の量子論によって科学的に証明されてきています。

brain

でも、みんなが自分の思い通りの人間になれないのはどうしてでしょう。

答えはもう書きました。

「自分はこういう人である。」

そう思っているからそうなるのです。

 

自分の理想像があっても、それを自分の考えが邪魔をしているのです。

「自分はこういう所がダメだ。」

「自分は前にこんな失敗をした。また失敗するかもしれない。」

「自分はこういう事が苦手だ」

こんな風に自分を否定するような事を考えているから、そういう人になるのです。

失敗は良い事である

人間は何度も失敗して成長します。

大きな成功を収めた人ほど多くの失敗をしています。

成功するにはたくさん行動するだけです。

行動すればするほど失敗が多くなります。

失敗すればするほど成功に近づきます。

失敗したことのない人は何もしていない人です。

「失敗したから自分はダメだ。」と思うのは、ただの勘違いです。

失敗は良い事です。何度も失敗すれば良いのです。

failure

自分の理想のイメージを思い描く

「こんな人になりたい。」

頭の中で自分の理想のイメージを思い浮かべてください。

そして、自分はそういう人に近づいていると思ってください。

もし出来るなら、自分はもうすでにそういう人だと思ってください。

必ず自分の思い通りになります。

 

人に

「あなたはこういう人だ。」

「あたなはこういう性格だ。」

と言われても信じてはいけません。

例え親に言われたとしても信じてはいけません。

あなたはあなたが作り上げるのです。

brain

30歳までは出来ないことがたくさんあって当たり前

24歳までは脳が未熟だと以前書いたけれど、30歳以降から脳の灰白質や白質が変化して、さらに頭が良くなる。

それまでは人によって成長の仕方もそれぞれ。

同じ歳でも出来る事や出来ない事が違っているのは当たり前。

だから、人と比較して自分を否定するのは意味のない事です。

今自分にできない事を悩んでも意味のない事です。

あなたは必ず自分の思い通りの人間になります。

焦らなくていいです。

 

それまでは、自分のしたい事を思う存分やりましょう。

それも理想の自分になる良い方法の一つです。

脳の発達が完了する25歳までに悩みは無くなる

人間は生まれてから少しずつ成長し、20歳くらいまでに身体が完成する。脳はそれより遅く25歳くらいで完成する。

25歳に近づけば近づくほどに、いろいろな事を簡単に理解出来るし、自分がしたいと思う事が簡単に出来るようになる。

小学校や中学そして高校のテストで良い点を取れなかった教科だって、25歳になってからもう一度勉強してみると簡単だと思うだろう。

でもそれが難しいと思い込んでしまった人や嫌いになってしまった人にとっては簡単だと思えないかもしれない。でも本当は「難しい」は思い込みでしかない。

若い頃の悩みや問題は、その時はとても深刻だけれど、25歳に近づけば近づくほど、全てとても簡単に解決できるものばかりだったことがわかってくる。

子供でも経験があるはずだ。幼児の頃に出来なかったことや、とても苦労したこと、怖いと思っていた事が、小学生になってからはいとも簡単に出来てしまうようなことは誰でも経験しているだろう。

そのように、成長すればするほど、難しかったことが簡単になり、悩んでいたことが自然に解決していたりする。

人によって問題や悩みはそれぞれ異なる。他の同級生が出来ることが自分には出来ないなんてことはよくあるけれど、それは人によって脳の成長の仕方が違うから、当然のことなんだ。

脳にはいろいろな部位があって、例えば前頭葉という脳の一部分の発達が遅れている人は、小学生になってもよく寝小便をする。でも、前頭葉の発達が遅れている人は、時間をかけて他の人より前頭葉が大きくなる。その結果、他の人より思考力や創造力に優れた人になる。

このように、人によって脳の成長の仕方は様々だから、自分と人の違いや、悩みや問題も、何も気にしなくていい。苦手だと思っていたことが大人になって得意になることだってあるのだから。

だから、悩みはとりあえず放置しておけばいい。そのうち自然に解決してしまうから。

それを悩み過ぎてしまって、難しいと決め付けたり、嫌いになってしまうことのないようにした方が良い。それは思い込みでしかない。

人々の25歳を過ぎてからの悩みは、25歳までに思い込んでしまったことばかりだ。

例えば「自分はこんなことが出来ない。」「こんなことが苦手だ。」「能力が低い。」など。

本当は脳が成長している25歳までにうまく出来ることでも、脳が完成する25歳より前に苦手意識がついてしまったり、嫌いになってしまったり、失敗したことで怖くなってしまったりして、「出来ない」とか「難しい」と思い込んでしまっているだけなんだ。

出来ないことは今できないだけで、いつか必ず出来る。自分がしたいと思うことはなんだって出来るようになる。若い時に悩むのは時間の無駄だということだ。

だから、悩む時間があったら自分のやりたいこと楽しいことに費やした方がいい。どうしても出来ないことは「いつか出来るようになる」と思って後回しにしよう。

外国に住むと人生が変わる話

外国に住むと視野が広がり価値観が変わる。

視野(しや)が広くなって価値観(かちかん)が変わると、何か良い事があるのかって?

とても良いことがある。それは、

人生がガラリと変わる。とても良くなる。楽しくなる。

イタリア

私は24歳までとても視野が狭かった。

視野とはもともと、目で1点を見たときにその周りにも見える範囲のことだが、その他にも意味がある。

考えたり判断する範囲という意味もある。

24歳までの私は日本しか知らなかった。

24歳の時に外国に住んで、常識も文化も人々の考え方や性質も、ありとあらゆるものが日本とはまるで違うのだと知った。

日本では重要だと思っていたことが、外国では全く重要でなかったり、日本人のほとんどが関心のあることを、外国では誰も関心がなかったりと、違いがたくさんあり、それを知るたびに新鮮な驚きがあった。

自分が日本の常識にとらわれていたことが外国で初めて気づいた。

そして、日本にいた時は気づかなかった、日本の良いところも悪いところにも気づく。

それぞれの国に良いところ悪いところがある。それは人間のようだ。本当は、良いとか悪いとかいうことではなく、それぞれ個性があって面白いのだ。

日本と外国の大きな違い

違いはたくさんあるけれど、一つ例をあげてみよう。

外国は日本よりも、「みんな違ってみんないい。」と考えている人がとても多い。

そんな歌詞の歌が流行ったことがあったけれど、日本ではそれが当たり前ではないから良い歌だと思う人が多くて流行ったと言える。

でも外国ではみんな違うのが当たり前だと思っている。当たり前すぎてそんな歌は外国では絶対にはやらない。

こういうことを言うと、日本人の中には「それは知ってる。」とか、「私はみんな違ってみんないいと思っている。」と思う人がいる。

でも、頭ではわかっていても、気持ちでは受け入れきれていない日本人がほとんどだと私はよく感じる。

もし君が、自分がしたことや自分自身のことで、「恥ずかしい」と感じることがあるならば、「みんな違っていい」とは思いきれていないということだ。

他人がしたことを、「恥ずかしい人だ」と思うことがあるのなら、それもまた「みんな違っていい」とは思いきれていないということだ。

人目を気にすることがあるのなら、「みんな違ってみんないい」とは思えていないということだ。

外国には日本と大きく違うところがたくさんあるけれど、話を聞いたり読んだり映像を見たりするだけでは決して見えてこないし、旅行したってわからない。

そこに住んでこそ、いろいろなことが見えてきて、強く実感し、そして成長する。そしてやっと「みんな違っていい」と心の底から思えるようになる。

「他人は他人。自分は自分だ。」と自信を持って思えるようになる。自分を恥じることなどなくなる。

そう思えることは凄いことだ。なぜなら、どんな人でも認めることが出来るということだから。自然に人が慕ってくる人間性が備わったということだから。

価値観(かちかん)とは

価値がある(重要なもの)と考えているものは人それぞれ違う。

例えば、人によっては一所懸命働き、お金を稼ぎ、いい暮らしをすることに価値があると考えている。

反対に、一所懸命働くより、楽しく仕事して、そこそこのお金でそこそこの暮らしをする方が幸せだと考える人もいる。

そのような、何にどういう価値があると見るか目安にする基準のようなもののことを価値観という。

価値観をガラリと変えるととても良いことがある

日本人の多くは、価値観が似たり寄ったり。そして日本人は周りの人たちに影響されやすいので、同じような価値観の中で生きていく。

それでうまくやれる人は良いけれど、その価値観の中で生きていくのが苦しくなる人もいる。

そんな時に、自分の人生を良い方へ変えられかどうかは、「他人は他人、自分は自分」と思えるかどうかにかかっている。

ほとんどの人にとって、それはとても難しい。どうしても人目を気にしたり、人の意見を聞き入れてしまい、その狭い世界の中から抜け出せない。

でも、外国に住んで、全く異なる考え方や価値観を知り、視野が広くなった人にとってはそんなに難しいことではない。

そこまでのことを考えなくとも、外国に行くと単純に楽しい。

それに、根本的に性質の違う人々と一緒にいると楽しいし、自分も変わる。

例えばイタリア人やスペイン人など明るく楽天的な人々と一緒にいたら楽しくて自分も楽天的になれる。

例えばオーストラリア人のおおらかでフレンドリーな人々と一緒にいれば、自分も細かいことは気にせずおおらかで人当たりが良くなる。

そのような根本的に異なる人々と交流すると、自分の根本にもそのような性質が少なからずあることに気づいたりと、今まで知らなかった自分自身をたくさん発見することになる。

外国と日本の違いは自分で発見してこそ意味がある。だからここには具体的にはあまり書かないでおく。

若いうちに1年以上外国に住んでみよう

日本は島国で外国人が少なく、異なる人種や文化に触れる機会も少ない。だからみんな同じような価値観の中で生きている。

若い頃に外国に住むと、価値観を変え、人生を良い方向へ変える経験がたくさんできる。若い時の方が頭が柔軟で、変化に対応できるし、たくさんのことを感じ取れる。

ただし、あまり若すぎても物事を見る目が養われていないので、20代に最低1年間は外国に住むことをお勧めする。

当たり前に信じて疑わなかったことが、全く違っていたという経験を、若い頃にたくさんすると、物事を色々な角度で粘り強く見られるようになる。

そして、気づかなかった自分自身の性質にも気付くことができるし、状況に応じて自分自身を変えることが出来るようにもなる。

それらがどれほど役に立つ能力なのか、歳を取るごとに実感するでしょう。

未来の素晴らしき世界~この時代の変化は大きくて速い

AIやロボットで未来の世界が大きく変わる

ロボットやAI(人工知能)の発達や、人々の考え方の変化によって、これから世の中が大きく変化します。

その変化は世の中をとても良くします。素晴らしい世界が待っています。

考え方の変化については次回にお話しするとして、まずはロボットやAIについての話をします。

ロボットやAIによって人間の生き方が変わる

コンピューターの技術革新がすさまじい勢いで進められ、ロボットやAIはこれから急速にいろいろな分野に取り入れられていきます。

それによって、今ある職業の多くがなくなり、新しい職業が生まれると言われています。

「そんなこと信じられない!」と思う人もいるでしょう。

それならば、専門家たちの話を紹介しましょう。

未来予想

イギリスのオックスフォード大学の研究では、今後10年~20年ほどで約47%の仕事が自動化されると予測されています。

企業の価値で世界ナンバーワンになったGoogle(グーグル)は、去年だけで974億円もの巨額のお金をAIの研究に投資しました。

そのグーグルの創業者(会社を作った人)ラリーペイジはこう言っています。「20年後には現在の仕事のほとんどが機械によって代行される」

マイクロソフトも18ものAI研究企業に投資をしています。マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツもこう言っています。

「スキル(能力・技術)を必要としない仕事はこれから20年でどんどん少なくなります。でも、まだ誰も心の準備ができていないように感じます。」

確かにほとんどの人は心の準備が出来ていないでしょう。どんな社会になるのか想像さえ出来ないでしょう。

心配しても仕方がないので、前を向いて、これからの職業についてみていきましょう。

これからの職業

これから残るまたは生まれる職業は何でしょう。
それはGoogleもオックスフォードもマイクロソフトも同じことを言っています。

クリエイティブな仕事

クリエイティブな仕事

クリエイティブとは、創造的という意味です。

創造的とは、作り出す、生み出すなど、自分の頭にあるものを表に出すことです。

何を出すのかというと、いろいろあります。

目に見えるもの、聞こえるもの、聴こえるもの、嗅げるもの(におい)、食べるもの、使うものなど。人間の五感を刺激するものを作ることとも言えます。

今あるクリエイティブな仕事は何があるでしょうか。

例えば、建築・デザイン・ゲーム制作・音楽制作・映画製作・料理・商品の企画開発など、きりがないくらいあります。

今からその専門家を目指す必要はありません。これからコンピューターの発達により、その仕事の仕方も変わってきます。

ただ、柔軟な発想の出来るクリエイティブな人になっていれば、どんな職業にも就けるでしょう。

では、クリエイティブな人になるにはどうしたら良いのでしょう。

クリエイティブになるなんて簡単

やりたい事をやる

今やりたい事をやる

やりたくない事を無理してやらずに、今やりたい事をやりたいだけやるのです。
やることはどんな事でもよいです。

ゲームしたければする。読書したければする。計算問題を解きたければ解く。

パズル、折り紙、スポーツ、木登り、お絵かき、自転車、なんでもその時やりたいことをする。

子供のうちは、先の事など考えずにやりたいことを思う存分やれば良いのです。そうすれば自然に創造力と集中力を養っていきます。

やりたいことなら、失敗しても何回でも続けられます。やり方を変えてみたり、工夫をします。それこそが、クリエイティブな仕事に必要な能力なのです。

ここで親には気をつけて欲しいことがあります。

家にゲームしかなければゲームしかしないかもしれません。家に読みたい本がなければ、ない本は読めません。わからないことをインターネットで調べたくてもパソコンやインターネットが使えなければできません。

やりたいことが出来る環境を整えることが大事だということです。

やりたい事が出来ないなら

やりたいことがあるけど出来ないなら、出来ない理由を考えてみましょう。実は出来ないと思い込んでいるだけで、やろうと思えば出来る事がほとんどでしょう。

やり方がわからなくても、インターネットで調べれば教えてくれます。

でも、子供には親や学校など、自分のしたいことをさせてくれない存在があります。または、大人の協力がないと出来ない事もあります。

それなら、それをしたい気持ちを親に伝えましょう。
「どうしてもそれがしたい。」
そんな強い気持ちが伝われば、意外と親は協力してくれるものです。

「でも、勉強はしたくないけど、宿題をやらないと怒られる。」
「勉強しないと将来困るとみんなが言う。」
そんな風に思うこともあるでしょう。

それなら、学校もどんどん変わってきていることをみんなに伝えてみましょう。

時代に合わせて変わっていく学校教育

デモクラティックスクール

自分のしたい事がだけしていればいい学校が増えてきています。
デモクラティックスクールとかサドベリースクールという学校がそうです。

デモクラティックスクールイメージ

何をするか自分で自由に決められます。
テストや試験はありません。
19歳くらいまでの子供たちが通えます。

こんな学校が日本に10校、世界に30校あり、これから増えていくと言われています。

「したい事だけしていたら、大人になった時に困らないの?」
と心配になる人もいるでしょう。

でも、心配はいりません。

世界中にあるサドベリー・スクールのモデルであるサドベリー・バレー・スクールは、過去40年の卒業生の約8割が大学を卒業しており、また人生の様々な領域で成功しています。そして人生に対する満足度も比較的高いそうです。

この学校のとても良いところは、
「自分で決めて自分で行動する。」
これは社会に出て一番求められることです。

もう一つは
「圧倒的な集中力。」
やりたいことをしていると、誰だって物凄く集中します。

毎日毎日やりたいことばかりしている子供は集中力がどんどん高くなります。そのずば抜けた集中力が何をやっても生かされます。

九九も知らない18歳の子が突然大学に行くと言い出して、物凄い集中力で勉強し、たった2ヵ月半で小中高の勉強を終えて大学に合格した例もあります。

社会に出て必要だと感じたスキルはすぐに身につきます。一般常識やコミュニケーションスキルだって、必要と感じたその時に身につけられます。

実はこのような自由な教育のほうが、子供は能力を伸ばすという事が、脳科学や心理学の面からもわかってきました。それについて詳しくは次回にします。

このような学校だけでなく、他にも教育が変わってきていることがわかる例があります。

ホームスクーリング

デモクラティックスクール

学校には通わず、家で勉強するスタイルです。
インターネットや通信の教材を使ったり、親が教えたりと、スタイルは様々です。

アメリカでは230万人もの子供たちがホームスクーリングをしています。そしてどんどん増えているそうです。

日本では正確な人数はわかっていませんが、実質10万人以上はいるようです。

反転授業

自宅でパソコンやタブレットを使い、動画の授業で学び、学校では宿題をするスタイルです。日本でもそれを行っている学校がすでにいくつもあります。

家で宿題が出来る子は学校に行く必要もないですね。
いずれかは、学校は試験の時以外は行きたい子だけ行くようになるでしょう。

これこそが未来の学校のありかたでしょう。

すでに変化が始まっている

デジタルコミュニケーション

「学校は社会性やコミュニケーション能力を身につける為にも行くべきだ。」
いまだにこんな古臭いことを言う人がいます。

実は、学校の世界と実際の社会は、全く違います。

現代社会で役立つ社会性は学校では身につきません。
現代社会で使えるコミュニケーション能力も学校では身につきません。

それに、今の子供たちが社会に出る頃には、社会もコミュニケーション方法も変わっています。今の子供たちが得意とするデジタルなコミュニケーションが主流になっています。

もう今すでに仕事の連絡のほとんどがメールで行われています。書類の受け渡しもクラウドやサーバーなどインターネット経由で行われています。

クリエイティブな職業なら、なおさら電話はしないし、ほとんど人に会いません。

もう変化は始まっています。

クリエイティブワーク

すでに職業の変化も始まっている

インターネット関係の仕事は20年前にはほとんどありませんでした。

1996年のインターネット普及率はたったの3.3%でした。ヤフージャパンができたのも1996年でした。それから急激にインターネットが普及し、インターネット関係の仕事も増えて、今では400万人以上と言われています。

アップル社がiPhoneというスマートフォンを初めて発売したのが2007年。それから急激にスマホが普及し、スマホアプリを作る職業も生まれました。

この20年でこれだけ変わったのですから、これからの20年の変化はもっと大きくなります。

あとがき

このように、もうすでに世の中は変わりつつあります。

今まで当たり前だったことが、当たり前でなくなり、
反対に当たり前でないことが、当たり前になっていく。

いつの時代もそのようにして世の中は変化し続けてきました。

ただ、この時代の変化は大きくて早そうです。そういう時、大人はなかなか理解しようとしません。でも子供は自然に適応していきます。子供はとても柔軟で高い適応能力をもっています。

親はどうしても子供の将来を心配するあまり、「あれしなさい」「これはだめ」と言ってしまいます。でもそれでは子供はしたいことが思う存分出来ません。

親の見てきた世界とこれからの世界はまるで違うことを、例え親が頭で理解したとしても、感情的には簡単に受け入れられないかもしれません。

いつの時代も大きな変化を大人は恐れてきました。

電話が発明された時も、テレビの時も、コンピューターの時も、インターネットの時も、いつも大人は「人間がだめになる」「子供の教育に良くない」とか「社会がだめになる」とかいろいろ言って受け入れようとしませんでした。でも、今はみんなが当たり前に使っています。

これからの時代の大きな変化を理解できない親には、子供がやさしく教えてあげるといいかもしれませんね。

だって、これからは君たちがつくる、君たちの時代なんだ。

人生の道 

[ 名言 ]
自分自身の道を迷って歩いている子供や青年のほうが、他人の道を間違いなく歩いている人々よりも好ましく思う。

[ 出典 ]
ゲーテ
[ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ]
(18~19世紀ドイツの詩人・小説家・劇作家、1749~1832)

[ 解説 ]

人生で最も大事なことは、自分の意思で行動することである。
人からやらされるのではなく、自分で決めて動く。
常にこれをしている人は、いざ自分の道を見つけた時に、その道を邁進することが出来る。
例え道がなくとも自分で自分だけの道を作ることさえ出来る。

偉人達の名言

苦しかったらやめればいい、

無理をしてはならない。

無理をしないといけないのはレベルが低い証拠。

真剣に生きる人ほど無理はしない。

無理をしないというのは消極的な意味ではない。

願いはするが無理はしない。

努力はしても天命に従う。

これが疲れないこつである。

(松下幸之助)

 

私がやった仕事で本当に成功したものは、全体のわずか1%にすぎない。

99%は失敗の連続であった。

そして、その実を結んだ1%の成功が現在の私である

(本田宗一郎)

 

わたしの現在が成功というのなら、わたしの過去はみんな失敗が土台作りをしていることにある。

仕事は全部失敗の連続である

(本田宗一郎)

 
失敗が人間を成長させると私は考えている。

失敗のない人なんて本当に気の毒に思う

(本田宗一郎)

 

私の最大の光栄は、一度も失敗しないことではなく、倒れるごとに起きるところにある。

私の仕事は失敗の連続であった

(本田宗一郎)

 

幾多の失敗を重ねたが、しかし恐縮はせぬ。

失敗はわが師なり、失敗はわが大なる進歩の一部なり

(大隈重信)

 

挫折を経験した事がない者は、

何も新しい事に挑戦したことが

無いということだ。

(アインシュタイン)

 

 

失敗したわけではない。

それを誤りだと言ってはいけない。

勉強したのだと言いたまえ。

(トーマス・エジソン)

 

困るということは、

次の新しい世界を発見する扉である。

(トーマス・エジソン)

 

<感想>

松下幸之助もエジソンもアインシュタインも大隈重信も学校にあまり行かなかった。もしくは途中でやめた。
能力のある人たちの中には学校と合わない人がとても多いようだ。

こういう人たちは自分で道を切り開く術を身につけてきたからこそ、そのような名言が生まれたのだろう。

福沢諭吉の名言

かくして、人たるものは

他人の権利の
妨げさえしなければ、

自由に行動すべきで、
他人の利害に関係せぬ以上は
はたからあれこれ
口を出されるいわれはない。

好きなところへ行き
いたいと思う場所にとどまり

遊ぼうと働こうと
寝ていようと
それは本人の勝手なのである

タッチタイピング練習ゲーム準備中

タッチタイピングとは、五本指で決められたキーをタイプすることです。

これをマスターすると正確に早くタイピングすることが出来るようになります。

別名ブラインドタッチとも言いますが、ブラインドタッチはキーボードを見ずにタイプするという意味が強いです。ただし、適当にタイプしても見なければタッチタイピングと言うかというと、そういう訳ではありません。

指1本1本決められた場所でタイピングをするから、その結果として見なくとも出来るし、早く出来るのです。

以下からお試し出来ます。

タッチタイピングをマスターしよう

macで不具合出ました。後日修正して更新します。